スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大型額用の特注金具

200号用の特注金具

前田建設工業(株)東京建築支店さまからの依頼です。

仕事内容は、P200号の油彩画を某大学のエントランスホールに設置する金具の手配と工事手順書の作成です。

あらかじめ、受け下地材として60角パイプを縦に2ヶ所に入れて間仕切り壁を施工してありましたが、残念ながら2本の角パイプの距離が必要なスパンより約10センチ狭いので既成品の金具が使えませんでした。

公共施設への大型額の取り付けは、特に慎重に・確実に行わないといけません。
耐震性と耐久性を持ち、作品を傷めない。さらに作品と人に優しく。
耐震性は地震の上下揺れと取り付け壁面の左右揺れ・前後揺れの三次元で考慮し、壁面の構造と使用建材の種類、額縁の素材と構造、絵画の種類等などを合わせて考えます。

まず、大型額の設置方法を、ハード取り付けで行うか、もしくはソフト取り付けで行うか決めます。
今回は担当者と相談してソフト取り付けで行いました。

■ ハード取り付け
 金属製のLアングルを介して壁面と額縁を固定する。
 Lアングルと額縁、そしてLアングルと壁面下地との接続(ビス止め・ボルトナット止め)を確実に行えば耐震と耐久性を確保することは容易です。
 欠点は、取り付け工事が大掛かりになる。取り外しが簡単に出来ない。額縁の構造によってはLアングルが見えてしまう。
 Lアングルではなくドッコレールというアルミ製のレールで取り付ける方法もあります。しかし、ドッコレールを使うことを前提にして額縁を制作していないと色々支障が起きます。今回の額縁は外周部分の木材厚みが1センチしかなくドッコレールを後付けすることは不可能でした。それにしてなんちゅう額縁だ!!!
 
■ ソフト取り付け
 壁面側に取り付けた金具と額縁側の金具をステンレスワイヤー自在で繋ぎ吊り下げる方法です。
 ハード取り付けより耐荷重は下がりますが、壁面側金具と額縁側金具・ワイヤー自在の3点を1セットとして、それを左右に2セットづつ取り付けます。さらにフェイルセーフとして耐荷重の低いセットを壁側額側共にメイン2組とは異なる場所に取り付けます。このフェイルセーフは大型作品を設置作業するときの落下事故を防ぐ命綱の役割を果たします。
 所定の場所に設置できた後、フェイルセーフのステンレスワイヤーは「ピン」と張らずに緩やかな張りにしておきます。
 何らかのトラブルでメインの吊りセットが外れたり切れたりした時、一挙に落下することを防ぎます。
 取り付け工事がハードより容易です。200号の作品でも足場を組まずに脚立が2脚あれば出来ます。また上下移動の微調整が簡単です。さらに取り外しが容易です。
 欠点は、真横から見るとワイヤー自在などが見えてしまうことです。壁面側の金具は正面からは見えない位置に取り付けますので、さほど気にはなりません。
 壁面と接する額縁の4隅に、厚みが7ミリ前後のクッション材を当てます。理由は間仕切壁は常に微振動していますので壁紙・OPを保護する為と、額裏の通風をよくして作品の表面と裏面の温度差湿度差を少なくする為です。

今回は奥行き25センチのニッチ構造になっていましたので、左右の振れ止めを施しましたが、フラットな壁面に設置した場合、人の頭部・肩に額縁が当たる時、左右に振れるのをあえて止めません。逆に額の四隅に付けるクッション材を滑りのよい物にします。走ってきた方とか酩酊した方が強く当たったりしたとき、人に与えるダメージを幾分緩和できます。
過去の記事 (当記事には「セーフティプルーフ」と記されていますがフェイルセーフの事です)

**********************************
 
特注壁面取り付け金具

 4ミリと9ミリ厚のステンレスで製作しました。もちろん専門メーカーで作って頂きました。ちなみに当店から車で3分のところにあります。<ちか!!>

 とても奇麗に出来ております。・・・いぃ仕事をしてますねぇー

額吊り金具 重量用 特注-1

額吊り金具 重量用 特注-2

額吊り金具 重量用 特注-3

額吊り金具 重量用 特注-4


特注金具の模型と図面・工事手順書の

資料の山


吊りセット部分(試しです、額と壁面はフェイクです)

大型額吊り/横から  ←画像のクリックで拡大
特注プレートが額縁よりはみ出していますが、現場では出ない。フェイルセーフのセットは写っていない。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

原 護

Author:原 護
額装の駆け込み寺・・・
額装工房アートランド
   店主 兼 職人です
中津川に店を構えて40年
当時は単なる額縁屋!!
ΓΓΓΓΓΓΓΓΓΓΓΓΓ
作品に対する安全と
  人に対する安全を重視
そして・・・恐妻家です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。