書「いのち」額装

洞田和園先生の書「いのち」を額装

彩墨を使った書作品 「いのち」 を額装するにあたり、【いのちを繋ぐ額装】を試みました。

フレームの仕上げ塗料は、アーリーアメリカンの伝統を受け継ぐミルクペイントを使用。
ミルクペイントとは、ミルクカゼインと天然の顔料からなる自然塗料で、バターミルクペイントとも呼ばれます。
フィニッシュは櫨(ハゼ)の実から作られた白蝋で仕上げました。

裂(キレ)は蚕が生み出した正絹を使用。

和園「いのち」額装


inochi-2.jpg

「遊墨展」
ギャラリーK
越谷市瓦曽根3-7-7-3F
Tel & Fax 048-947-9135
会期 2014年8月4日~9日
11:00~18:00 (最終日16:30まで)


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

原 護

Author:原 護
額装の駆け込み寺・・・
額装工房アートランド
   店主 兼 職人です
中津川に店を構えて40年
当時は単なる額縁屋!!
ΓΓΓΓΓΓΓΓΓΓΓΓΓ
作品に対する安全と
  人に対する安全を重視
そして・・・恐妻家です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
FC2カウンター