スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イッリ(イリー)カッフェのロゴマークを額装

■ イッリカッフェのロゴマークを額装

中津川市内の洋食亭Kisaku(イタリアン)さまからの依頼です。

今月連休明けから提供するイタリアのイッリカッフェ(イリーコーヒー)社のロゴマークを額装しました。

二つの額装スタイルを提案致しましたところ、ロゴマークのシートが2枚ありましたので、2タイプの額装を施す事になりました。

illyロゴシート

塩ビ系のタックシートにシルクプリントのロゴシートで30cm角のサイズです。

このシートをアルミ樹脂複合版(白/厚み3mm)に貼ります。


■ プレートスタイル

上記のロゴシートを貼ったアルミ樹脂複合版の上下に桟を付けるだけの構造です。

illy/ロゴディスプレイ-1

上側の桟は「ベネチアンレッド」下側の桟は「ブラック」です。共につや消し塗装です。

illy/ロゴディスプレイ-4

illy/ロゴ/UP

アルミ樹脂複合版の断面が見えます。主に看板のベースに使用する資材ですが当店では額装に使用します。


■ フレームスタイル

ロゴシートを貼ったアルミ樹脂複合版とガラスとの間(スペース)は約13ミリです。コーヒー豆を入れる事が出来ます。オーナーさんはシンプルの方が良いから入れないとの事。
ガラスは外して撮影しております。

illy/ロゴディスプレイ-2

フレームとスペーサーは上側が「ベネチアンレッド」下側は「ブラック」です。左右は白です。すべてつや消し塗装です。

illy/ロゴディスプレイ-3.

illy/額装UP


■ 塗装に丸一日かかりました。

板材からの成型に半日、研磨・塗装に丸一日。
出来上がったものはとてもシンプルですので、これほど時間がかかっていると思わないでしょうねぇ!!!


****************************************************************************************************

本格まき釜ピッツァが楽しめる、【洋食亭Kisaku】
スポンサーサイト

上絵付け磁器板の額装 Before-After

■ 上絵付け磁器板の再額装 ■

圧力鋳込みの磁器板に上絵(転写と盛り絵具)で描いてある「やきもの作り風俗絵図」

やたら大きな額縁で、ビロード調の布貼りマット、そして面金で磁器板の縁を隠してしまっている。
残念ながら、これは額装とは言えない。
単に磁器板のサイズに合わせた額縁を作って放り込んだだけである。

上絵磁器板画ビフォー
               ↑クリックで拡大

コンパクトではあるが見た目も実際も「剛性がある」額縁にしました。
雰囲気は「昔の田舎風」・・・地味です。
楢材でシンプルな蒲鉾型、仕上げはグレーがかった塗装仕上げです。
マットは共に京裂の紬と柄緞子を使用し、磁器板は縁を見せて厚みがあることを伝えます。
磁器板は柄緞子の廻し貼りしたベニヤ板に二液性の接着材で小団子貼りしました。

5.5ミリとか12ミリの合板に貼り付けてあるのをよく見ますが、陶磁器板は完全なフラットではなく歪曲していますので、弊店では2.5ミリのベニヤ合板を陶磁器板の接着面に沿わせて接着いたします。

裂を使い、凹凸のある構造ですので、ホコリ対策で2ミリ厚のガラスを入れました。
下の画像はガラスを抜いて撮影してあります。

上絵磁器板画アフター

部分拡大

磁器板画はずいぶん汚れていました。水拭きしてみるとホコリは取れましたが、上絵具の盛り絵具の部分(特に紫色)に酸化皮膜が出来て曇って艶がなくなっていました。

上絵具というのは、いわゆる釉薬の一種で、低温で熔ける釉薬と着色用金属粉末を混ぜた色釉薬で、焼成後は半透明のガラス質になります。
ところが、一部の釉薬では年月が経つと大気中の亜硫酸ガスの影響もあり、ガラス質表面の金属が酸化されて酸化皮膜に覆われてしまいます。
この酸化皮膜は希硫酸の薄め液で除去できます。
伝統的な手法で作られる「織部焼き」の濃いグリーン色の釉薬は、焼成後は酸化皮膜に覆われています。これを希硫酸で除去する作業を「シブ抜き」と言います。
陶器板の作品はシブ抜きをした後、希硫酸が内部まで染み込んでいますので中和する必要があります。
今回は希硫酸が手元に無かったこともあり、研磨法で行いました。

研磨剤は酸化セリウム粉末を使います。同品は主にガラスの研磨(レンズの研磨など)とかシリコンウェハー・サファイア基板の研磨に使います。
粒子による研磨剤としての働きだけではなく、研磨面に分子レベルでの化学反応が起きてガラスの表面をフラット(ミクロの単位で)にしているという事が近年の研究で明らかになっています。
某国のレアアース禁輸政策のお陰で研究がより進んだ様です。

作業は、少量の酸化セリウム粉末に僅かな水を加えて布に付けて擦るだけです。簡単に酸化皮膜は取れます。
2つの画像を拡大して比べてみてください。

酸化セリウムが入手出来ないときは、カーショップでウインドウガラス油膜除去剤(又はフロントガラスクリーナー)を探してみてください。成分に酸化セリウムを含んでいる製品があるはずです。
蛇足ですが七宝の磨き、ユニットバスのホーロー壁の汚れ落としにも使えます。但しプラスチック部分に使いますとツヤがなくなる恐れがありますので注意してください。

念のために「セシウム」とは全く別物です。
セリウム(英: cerium)は原子番号58の元素で、元素記号は「 Ce」
セシウム (新ラテン語: caesium, 英: caesium, cesium) は原子番号55の元素。元素記号は「Cs」

布で出来たチョコレートの額装

「内田 美恵子」さん創作の「布のチョコレート」の続きです。
先月瑞浪市で作品展を開催したところ【完売】!!!

今回紹介する作品は、その作品展には出品されておりません。
画像をクリックで拡大!!

布チョコ-1

布チョコ-2

布チョコ-3

布チョコ-4

前回の紹介ページはこちら

ミルクペイントの油彩額

やさしい油彩額

本間希代子さんの油彩画「耳をすます」 F12号

シンプルなフラット型のフレームをミルクペイントで仕上げました。

aburae_640

aburae-up_640

画像のクリックで拡大画面が出ます。


書「いのち」額装

洞田和園先生の書「いのち」を額装

彩墨を使った書作品 「いのち」 を額装するにあたり、【いのちを繋ぐ額装】を試みました。

フレームの仕上げ塗料は、アーリーアメリカンの伝統を受け継ぐミルクペイントを使用。
ミルクペイントとは、ミルクカゼインと天然の顔料からなる自然塗料で、バターミルクペイントとも呼ばれます。
フィニッシュは櫨(ハゼ)の実から作られた白蝋で仕上げました。

裂(キレ)は蚕が生み出した正絹を使用。

和園「いのち」額装


inochi-2.jpg

「遊墨展」
ギャラリーK
越谷市瓦曽根3-7-7-3F
Tel & Fax 048-947-9135
会期 2014年8月4日~9日
11:00~18:00 (最終日16:30まで)


プロフィール

原 護

Author:原 護
額装の駆け込み寺・・・
額装工房アートランド
   店主 兼 職人です
中津川に店を構えて40年
当時は単なる額縁屋!!
ΓΓΓΓΓΓΓΓΓΓΓΓΓ
作品に対する安全と
  人に対する安全を重視
そして・・・恐妻家です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。